2017/01/06発行 2017 WINTER掲載記事

Pages:  

シガーの煙に包まれて

 1996年にカーネギーホールに隣にオープンした、シガー(葉巻)とスコッチ・ウイスキーが自慢の「ザ・カーネギー・クラブ」は、まるでプライベートの書斎に迷い込んだかのうような内装のラウンジが特徴。18世紀に作られたという木製の本棚には、革張りの古書が並び、石造りの暖炉の炎が、温かな光で室内を照らしている。

 どこかノスタルジックな空間でくゆらす、シガーの味は格別。ドミニカ共和国産のシガーを中心に、約26種類を取り扱っている。味わいも、メロウで甘いものから、スパイシーなものまでさまざま。約20種あるスコッチと一緒にオーダーして、深い香りの共演を楽しみたい。

 毎週土曜日には、選りすぐりのミュージシャンたちがフランク・シナトラのジャズナンバーを披露する、同店の人気イベントを開催している。カバーチャージは1人当たり40ドル(2ドリンク付き)。

クラシカルな書斎を思わせるラウンジ
バーボン、ベルモット、ビターエールを混ぜ合わせたカクテル「Boulevardier(伊達男)」
シガーとスコッチの両方をオーダーして、欲張りな夜を楽しもう

The Carnegie Club

TEL
212-957-9676
WEB
http://www.hospitalityholdings.com
MAP
156 W. 56th St. (bet. 6th & 7th Aves.)


Pages:  

1分動画


利用規約に同意します