2017/06/30発行 2017 SUMMER掲載記事

Pages:  

モスクワの人気店が上陸

 住民やビジネスマン、そして観光客まで、多種多様な人が集まるブライアントパーク。そのすぐ脇にあるレストラン「コーヒーマニア」には、おなかを空かせた人々が足を運ぶ。

 モスクワにある本店は2001年にカフェとして創業。その後メニューを増やし、レストランとして次々に店舗を増やした。そして今年1月(プレオープンは昨年末)、初の海外店舗となる、ニューヨーク店をオープンした。

 天井が高く開放的な店内の席に着くと、早速、店員が「おはよう、調子はどう?」と人懐こい笑顔でお出迎え。いつ足を運んでも変わらない、丁寧でアットホームな接客が、ロシアで支持を受けている理由の一つだ。

 メニューはロシア料理をベースに、アメリカン、フレンチなど欧米の食文化が入り混じる創作スタイル。加えて食材は地元産をメーンに扱うなど、ニューヨークの食のトレンドも押さえている。ロシアやベラルーシで食べられるポテトのパンケーキ「ドラニキ」は、ポテトの甘みとサーモンの塩気、そしてポーチドエッグの濃厚な黄身が絡まる。シンプルな味わいで飽きがこない。

 一方、米国の朝食の定番「エッグベネディクト」には、イングリッシュマフィンの代わりにパンケーキを重ねて独創性をプラス。ふわふわな食感のパンケーキの、ほどよい甘みがついついクセになりそう。

 バリスタたちが手掛けたコーヒーメニューも必ずオーダーしたい。モスクワでの人気メニュー「ラフ・コーヒー」は、コーヒーにアイスクリームを溶かしてまろやかな味わいに仕立てた一杯。ゴマの風味がきいた「ラテ・ハルバ」も朝の優しい目覚めにぴったりだ。

パンケーキがタワーのように積み重なった「EggsBenedict」
深みのある「Latte Halva」(手前)と甘い「Raf Coffee」
「Draniki」は見掛け以上にボリュームたっぷり
開放感あふれる店内は、家族との朝食から大事な商談まで、様々なシーンで使える。メニューはテークアウトも可能

Coffeemania

TEL
212-221-2510
WEB
http://www.coffeemanianyc.com
MAP
1065 6th Ave. (bet. 40th & 41st Sts.)

Pages:  

1分動画


利用規約に同意します