2017/09/29発行 2017 FALL掲載記事

Pages:  

グルメの「本殿」へようこそ

サクセスの守護霊宿る、圧倒的空間

 ニューヨークを動かすインフルエンサーや投資家など、さまざまな分野のクリエーターたちで常ににぎわっているレストランが「タオ」である。

 58ストリートにあるアップタウン店の巨大スペースが元映画館だったのはつとに有名だが、さらにその昔は、鉄道王コーネリアス・バンダービルトの屋敷(1880年建築)がここにあった。大伽藍(がらん)には間違いなく、サクセスの守護霊が宿る。

 とにかく沸き立つような圧倒的ビジュアルと、胃の腑(ふ)を揺さぶるクラブビートで、ニューヨークに赴任して間もない駐在員や日本からの出張者は腰を抜かすはず。アップタウン店では、正座する大仏の周りをデジタルのコイが泳ぎ、市内レストランで昨年の年間売り上げナンバーワン(3400万ドル)に輝いたダウンタウン店に至っては、満員の客1200人を千手観音像が見下ろす。まさにグルメの本殿だ。

 料理も大味かと思いきや、意外にこけおどしはない。すし、天ぷら、中華、タイとアジア全土の料理が多神教よろしく選べる。同店に一躍名声をもたらしたのは、チリ産シーバスの西京みそ串焼き。ほんのり甘く、舌上でホロリととろける白身魚のグリルは言うまでもなくジャパンのインスパイア。レオナルド・ディカプリオやアンソニー・ホプキンスら、セレブ客をもうならせた。

 上海風水ギョウザ、サーモンのくん製烏龍(ウーロン)茶風味、ヒレ肉のワサビ香味焼きなど、創作性の高い料理の数々はドラマチックな空間とマッチ。同店を静かに体感したいなら、ビル・ゲイツが「お得だ」と喜んだ、ランチのプリフィックス(アップタウン店のみ)をすすめる。

<Uptown>
42 E. 58th St.

<Downtown>
92 9th Ave.

広大な店内に堂々と鎮座する大仏像。足元にはホログラム映像のコイが悠々と泳いでいる
ココナツが決め手の「Crispy Coconut Shrimp with Spicy Thai Peanut Sauce」
「Diver Sea Scallops with Red Curry and Thai Basil」はホタテのうまみたっぷり
2階にはバーもある

TAO

WEB
http://www.taorestaurant.com


Pages:  

バックナンバー

1分動画


利用規約に同意します