2018/01/05発行 2018 WINTER掲載記事

Pages:  

変わりゆく波止場の、変わらない味

真のアメリカン・クラシック

 ブルックリン橋のたもとから臨むマンハッタンの摩天楼といえばニューヨーク絶景の「クラシック」だが、これを独り占めしながら食事できるのが「ザ・リバーカフェ」。創業1977年。当時は荒廃を極めていたブルックリンの波止場エリアに、「眺めの良い高級レストラン」という場違いなコンセプトを持ち込んだのが大当たりして、ニューヨークの新名所になった。

 この40年で、ご自慢の「絶景」は、テロでツインタワーがなくなったり、新しくフリーダムタワーが建ったりと随分様変わりしたが、アメリカン・クラシックを標榜する同店の料理は変わらない。過去17年間ずっと同じシェフ(ブラッド・スティールマン氏)が厨房を仕切っている。いち早くファーム・トゥ・テーブルをモットーに掲げたのも同店。野菜類はハドソンバレーの契約農家から入荷するので段違いに味がいい。

 この季節のオススメ前菜は、近郊産のアワビ、カキ、ホタテの3種盛り。いずれも舌が震えるほどフレッシュだ。メーンには、ジューシーな肉質の子羊(コロラド産)のあばら肉ローストはいかが?付け合わせのスイスチャードのカネロニも優しい味付けになっている。魚料理が好きな人には大西洋産オヒョウの生コショウソースがけを推奨。肉厚な白身魚なるも飽きのこない「ちょいピリ辛」仕立てで、付け合わせのマイタケがナチュラル感を押し上げる。

 そして、忘れてならない名物デザートの「チョコ製ブルックリン橋」。食べるのをためらうほどカワイイお菓子の橋をそっと崩しながら窓外の美橋に目をやる。諸行無常の世にあって、不変のクラシックはやはりいいものだ。

1.ニューヨークでも屈指の人気撮影スポット、ブルックリン橋に寄り添うように立っている
2.チョコレート製の「Chocolate Brooklyn Bridge」にはラズベリーソースを添えて
3.座るなら、やはり川に面したテーブルがオススメ
4.シーフードのチョイスが豊富なのも魅力。写真はロブスター

The River Café

TEL
718-522-5200
WEB
http://www.rivercafe.com
MAP
1 Water St. Brooklyn, NY 11201


Pages:  

バックナンバー

1分動画


利用規約に同意します