2018/06/29発行 2018 SUMMER掲載記事

Pages:  

食材のポテンシャルを引き出す

自然派は次のステップへ

レイナード」は2012年にブルックリンで開業したデザイナーホテル「ワイスホテル」にあるレストランだ。オーナーのアンドリュー・ターロウさんは、98年に自身初のレストラン「ダイナー」を開店以来、「マーロウ&サンズ」「ローマンズ」などの人気店を次々と生み出した。どの店もオーガニック食材にこだわり、ローカルの生産者を大事にするという、コミュニティー密着型を提唱するレストラン。

そんなターロウさんは昨年、所有するレストラン5店のヘッドシェフを総入れ替えした。「レイナード」を新たに切り盛りするのは、女性シェフのクリスティーナ・レキさんだ。彼女は、食材を余すことなく調理して廃棄ごみを減らすことが、環境保護につながると考える。

例えば、肉料理の後に余った牛の骨は、スープに入れてコトコト煮込む。ターメリックとショウガで食欲をそそり、食材そのものの持つ、味わいを十分に引き出す。小さなポーションなのに、食べ応えあり。

ブランチの人気メニューは、イタリアやフランスで親しまれているヒヨコ豆のパンケーキ、ソッカ。中東のミックススパイス、ザタールをふんだんにかけたセイボリーだ。ヨーグルトでまろみをプラス。薄い生地だから、ゴロゴロのっている焼き野菜は単なる「添え物」ではなく、準主役として輝く。同店では、カボチャやトマトなどの野菜の一部を木炭でじっくり焼きあげ、その繊細な甘みを最大限に引き出している。

ブランチは11時からだが、7時から始まる朝食でも一部同じメニューが味わえる。ちなみに同店はチップフリー。日本から来た客に、「ブルックリンのオススメは?」と聞かれた時、ぜひ紹介したい。

 

「Bone Broth」は食べ過ぎ・飲み過ぎのパーティーシーズンにぜひ飲みたい
かつて木箱工場だった建物の、インダストリアルな雰囲気を残した内装
少し早く起きた日は、「Dippy Egg」や「Puffed Cereal」などの朝食メニューも試してみよう
レキさんが新たに導入したブランチメニュー「Socca」

Reynard at Wythe Hotel

TEL
718-460-8004
WEB
http://reynardnyc.com/
MAP
80 Wythe Ave., Brooklyn, NY 11249


Pages:  

バックナンバー

1分動画


利用規約に同意します