2018/06/29発行 2018 SUMMER掲載記事

Pages:  

お気に入りをみんなで分け合う

休日こそ、朝ピザ

土曜日に夜遊びやディナーのお誘いがなかったとき、日曜日のおなかは、おいしいものをたっぷり食べる準備万端。そんなときこそ、ニューヨークのソウルフード、ピザの出番だ。

イリノイ州出身の女性シェフ、レナ・シャルドゥーロさんがエグゼクティブシェフを務める「マルタ」は、2014年にマディソンスクエアパーク近くのホテル「ザ・レッドバリー」の1階にオープンした。明るい店内はオープンキッチンも相まって、開放的な雰囲気だ。

ローマで修業を積んだシャルドゥーロさんが同店で展開するのは、ローマ式ピザ。2基の薪窯で焼き上げる極薄のピザで、「みみ」の部分の空洞がサクサクと香ばしい。この薄さが、軽くつまみたい時にちょうどいいのだ。

朝11時からスタートする「ウイークエンドランチ」メニューの注目は、カルボナーラピザ。グアンチャーレ(豚トロの塩漬け)にペコリーノチーズを合わせる本格的なイタリア式カルボナーラで、トロトロの半熟卵の味わいが、優雅な休日のスロースタートにぴったりだ。

トマトベースのピザでは、サラミとソーセージ、グアンチャーレの肉コンボがジューシーな、マセライオも人気。

サイドメニューとしてはミートボールがオススメ。じっくり煮込んだチキンは、ナイフがすっと通る柔らかさ。付け合わせのサワードウにのせて食べるのもまた楽しい。

同店はチップフリー制を採用。ちなみに今年6月から、月1、2回のペースで、ゲストシェフを招いた「おまかせコース」を提供するスペシャルデーを再開。ディナーでの訪問の際はお見逃しなく。

 

 

「PatateAllaCarbonara」は黒コショウがピリリときいている
カンパリ、ベルモット、プロセッコを合わせた「NegroniSbagliato」
リコッタチーズを絡めていただく「Polpettine Di Pollo」
カジュアルからビジネスディナーまで対応する、モダンな内装も魅力

Marta

TEL
212-651-3800
WEB
https://www.martamanhattan.com/
MAP
29 E. 29th St. (bet. Park & Madison Aves.)


Pages:  

バックナンバー

1分動画


利用規約に同意します