2016/04/29発行 2016 SPRING掲載記事

Pages:  

ざん新なモダンインド料理

 北インドで生まれ、オーストラリアで育ったシェフのジェシ・シングさんと、アメリカ人の妻ジェニファーさんは、オーストラリアで3軒のレストランを展開した後、昨年6月、イーストビレッジにモダンインド料理レストラン「バブ・ジ」をオープン。開店直後から多くのメディアとニューヨーカーに高く評価された、いま最もホットなレストランの一つだ。

 一歩店内に入ると、インド料理レストランのイメージをくつがえす、ポップな内装に驚く。

インドのストリートフードを、新発想でアレンジしたメニューもざん新。例えば「ヨーグルトケバブ」は水切りヨーグルトのコロッケに、ショウガやビーツなどで作ったショッキングピンクのソースを添えたもの。また各種カレーはおしゃれな金属製の器に入り、スタイリッシュに登場する。

 いつもと雰囲気を変えた食事会やデートで利用してみてはいかが?

カレー各種。「Raw Scallop Coco- nut Curry」、「Black Lentil Dhal」、「AnjeerKofta」、「LambRogan Josh」。
シェフのJessiSinghさんと妻のJenniferさん。
インドの老人の顔など、大きな写真が飾られたスタイリッシュな店内。
ショッキングピンクのソースが鮮やかな「Yogurt Kebab」

Babu Ji

TEL
212-951-1082
WEB
http://www.babujinyc.com
MAP
175 Avenue B (at 11th St.)

Pages:  

1分動画


利用規約に同意します