< リストに戻る

最新の婦人科・不妊治療を提供 日本語で相談

ニューヨーク子宮内膜症不妊症センター

米メディア「ニュースマックス」で、全米トップの子宮内膜症治療施設に選ばれ、全米のみならず世界中から患者が訪れるという。院長の金山昌秀医師はウィスコンシン大学医学部を卒業後、世界的に知られる医療センター、メイヨクリニックで婦人科専門医として研修、婦人科の最新手術や難病診断、不妊症治療などに従事した。

 1998年に婦人科・不妊症を専門とする同院を設立。同院では子宮内膜症治療のスペシャリストとして、婦人科検診、不妊症専門治療、最新3D超音波検診、子宮ガン検診、生理不順、不正出血、生理痛、最新腹腔鏡による子宮内膜症、卵巣嚢腫、子宮筋腫などの治療を行っている。同院ではインスタグラム(@newyorkendometriosis)を設立し、世界中の患者への婦人科および子宮内膜症の情報提供の場としている。

同院では海外旅行保険を含め、各種保険の利用が可能
子宮内膜症治療のスペシャリストである金山昌秀院長

あわせて読みたい

1分動画


利用規約に同意します