< リストに戻る

移民法のエキスパート
最新動向に対応しアドバイス

ジェンセン法律事務所

 1996年の創設以来、移民法の専門家として長年の経験と実績を持つピーター・ジェンセン弁護士が、移民法全般に関連したさまざまな問題に対するアドバイスの提供や複雑な事例の解決を行ってきた。

 ジェンセン弁護士は、コロンビア大学法学科大学院で法学博士号、北京大学でエグゼクティブMBAを取得。米国移民法弁護士協会会員。

 グリーンカードの申請、EビザやOビザ、就労に必要なビザなど各種非移民ビザの申請を、個人、大手・中小企業、非営利団体、家族経営会社、また大学を含む教育機関など、顧客のニーズに合わせ丁寧に行う。

 また、ビザに関する情報が交錯する中で、申請時の注意点や長期的なゴールも考慮し、最新の動向に対応した適切なアドバイスを提供している。日本人スタッフが対応するので、日本語で予約ができる。

ピーター・ジェンセン弁護士
オフィスはグランドセントラル駅の42ストリート出口を出て正面にある

あわせて読みたい

1分動画


利用規約に同意します