< リストに戻る

特大チャーシューと自家製麺が自慢

麺屋三代目

 「麺屋三代目」はニュージャージー州フォートリーにある本格ラーメン店。店内は1970年代の日本の歌謡曲が流れ、昭和時代のような内装がレトロな雰囲気を漂わせる。

 新鮮な麺にこだわり、その日に使う約120食分を毎日店内で製麺している。喉越しが良く、もちもちしているのが特徴。

 同店の一番人気はピリ辛風味の「ラーメン」(9ドル50セント)。主役の具は厚さが1センチもある特大チャーシュー。24時間特製のだしで煮込んだ後に、たれに漬け込み、さらに焦げ目を付けるという、手間を惜しまずに作るチャーシューは、味がよく染み込んでおり、口の中でとろけるほどやわらかい。しょうゆ味のとんこつスープと、もちもちとした中細麺との相性もバッチリ。

 パリパリとした皮の「羽根つき餃子」(5ドル60セント)も好評だ。

看板メニューで一番人気のピリ辛「ラーメン」
カツオだしととんこつをミックスしたスープの「黒ラーメン」

あわせて読みたい

1分動画


利用規約に同意します