< リストに戻る

一つのクリニックで
不妊治療と体外受精

グローバル・ファーティリティー&ジェネティックス

 一つのクリニックで同じ担当医のもと、不妊治療と体外受精などの最先端の高度生殖医療を受けられるのが特徴。担当医であるサツ・コウカネン医師は産婦人科、生殖内分泌、不妊治療が専門で25年の経験を持つ。2017年には専門分野で顕著な実績を収めた医師に贈られるスーパードクターズ賞を受賞。ヘルシンキ大学では遺伝子学で博士号を取得している。コウカネン医師と、知識と経験豊富なサポートチームが、世界中から同クリニックを訪れる患者をケアする。

 また同クリニックは、患者個々のパーソナリティーや既往歴、さらにライフスタイル、人種、宗教なども考慮して、不妊治療の方法とプランをカスタマイズして提供する。同クリニックで提供するのは、体外受精(IVF)、冷凍胚移植(FET)、提供卵子による体外受精、受胎キャリアー、代理母出産、卵子凍結保存、精子凍結保存など。

同院では不妊治療と最先端の高度生殖医療を一つの場所で受けられる
コウカネン医師と経験豊富なチームが治療にあたる。日本語で相談可能

あわせて読みたい

1分動画


利用規約に同意します