2018/01/05発行 2018 WINTER号掲載記事


ポートランド(メーン州)

 メーン州ポートランド。オレゴン州の同名市の方が知名度が高いが、その名称はこの街からとられている。今も漁業が盛んな港町で、夏には避暑地として、近郊に別荘を持つ富裕層の人たちでにぎわう。秋、そして冬はオフシーズンだが旬の魚介類を目当てに訪れた。

 小ぶりな空港を一歩降り立つと、空気が澄んでいるのが分かる。空港から市内のホテルに向かう道すがら、シャトル運転手(地元出身者)が人柄の良さ全開で話し掛けてくる。

 「おいしいものを食べに来たよ」と話すと、「夏は混むからよくない。フーディーシティー(食通の街)だから、おいしいものを食べるなら今。君たちは賢い」となぜか誇らしげに語る。さらに日本人だと分かると、「ポートランドは品川区の姉妹都市なんだ」と言い、以前、交換留学生の「テッペイ」がホームステイして面倒をみたと話してくれた。

 ダウンタウンの中でも、港に隣接するオールドポート地区に足をのばす。改装した廃工場や古い建物にレストランや小売店が入っていて、街並みを見ながら歩いているだけでも楽しい。この地区では、現役の漁船が停泊し、ロブスターの捕獲カゴがうず高く積まれている埠頭(ふとう)を歩くのがおすすめだ。磯の濃い匂いが漂う埠頭には、水揚げされたばかりの魚介を売る鮮魚店はじめ、漁業に従事する人たちが寄るのであろう古びた看板を掲げるバーが点在し、昔ながらの雰囲気を醸している。

 オールドポートの外れにある評判のレストランをのぞくと若者が集い、活気にあふれていて、ひなびた港町のイメージは覆される。近郊に大学があり、近年では、金融業が盛んな上、起業家にも人気があり、若者が増えているとは、地元の人の弁。

翌日、同じ運転手が空港まで送ってくれた。「とてもいいところだね。また来るよ」と答えると、弾けんばかりの笑みを見せて、「待ってるよ」と返してくれた。テッペイも、この笑顔に見送られ、この地を再訪したんだろうかとふと思った。

1.オールドポート地区の埠頭に停泊する漁船
2.1787年建設のヘッドライト灯台は、市内から車で15分ほどにある
3.日本人経営の「ISF Trading」(www.seaurchinmaine.com)の工場ではウニや海産物を直売している
4.人気レストラン「EVEN TIDE」ではぜひ地元メーン州産のカキを
5.オールドポート地区の街並み
ポートランド基本情報

市設立:1786年

人口:約6万6000人

面積:約4259平方キロ

主要空港:Portland International Jetport (PWM)

ニューヨークからの所要時間:約1時間(飛行機)、約6時間(車)

1分動画


利用規約に同意します